胃がんの疑いを晴らすため、鼻からの上部消化管内視鏡検査を受けてきました:検査実施編その1

病院での検査 日々雑感

上部消化管内視鏡検査(いわゆる「胃カメラ」)の検査当日、
検査前の準備を終え、左の鼻の穴にゴムチューブのような棒を入れられたまま、ふかふかのソファーに座ってヘラヘラしていた検査前準備編は

胃がんの疑いを晴らすため、鼻からの上部消化管内視鏡検査を受けてきました:検査前準備編
就寝中の激しい胃の痛みに耐えかねて病院に行った結果、胃カメラこと上部消化管内視鏡検査を実施することに。検査開始前の準備編です。

そして、いよいよ、看護師さんの案内で検査室へ通されます。

検査台の上に体の左側を下にして横になりました。

【疑問】上部消化管内視鏡検査で検査台の上に体の左側を下にして横になるのはなぜ?
上部消化管内視鏡検査を受けた際に、看護師さんから言われた「検査台の上では体の左側が下になるから」という理由が知りたくて調べてみました。

横になると同時に、左の鼻の穴に入れていたゴムチューブ棒を看護師さんの手によって
ズボッと引き抜かれます。

あぁ、始まるんだ・・・
まさにまな板の鯉状態です。

いよいよ検査の開始

先生が検査室に入ってきました。

友蔵の頭の付近で先生の気配がします。

ガサゴソと内視鏡をいじってるなぁ。
チューブにローション塗りまくってるぞ。

おはようございます。
それじゃ、検査始めますね。

おはようございます。よろしくお願いしま・・・

でっ!
一瞬、目の前が眩しく感じ目を細めたその時、
いきなり左の鼻の穴から内視鏡が挿入されました。

「あんたっ!人がまだ挨拶してる途中でしょうがぁぁぁぁ!」

こっちは素人なんだから、心のね、心の準備っつうもんが必要なんだよね、先生!

眩しく感じた理由は内視鏡先端に取り付けられたライトの光が目に入ったためのようでした。

喉奥を内視鏡が通過

鼻から物体を入れらるという違和感はあるものの、そんなに苦痛を感じることはありません。
むしろ、ローションのおかげでスルスルと入っていく印象です。

はい。喉をカメラが通過しますよ。
少し苦しいですよ。
オエッとなるけど、我慢してくださいね。

鼻からの内視鏡検査のメリットの一つに
口を自由に動かせるので、検査中にお医者様と会話ができる
というものがあります。

 

ふぁい。

と、か細い声で返事をする友蔵。

しかし、来たよ、来た来た、来ましたよ!

内視鏡が喉の奥を刺激し、

オエッ

の三連発。

オエッ、オエッ、オゲェ・・・
もはや、涙目です。

皆さんも経験があるでしょ。
歯みがき中に勢い余って歯ブラシを喉の奥の方まで突っ込んだこと。
そん時に「オエッ!」ってなるよね。
あんな感じですよ。

思わず体に力が入ります。

補助役の看護師さんがすかさずサポート

友蔵さん、力を抜いて!体の力を抜いて!

親切に背中をさすってくれます。

力抜けって・・・あんた、ふつー鼻から物体入れられ慣れてる人間いないからね!
自然と体に力、入るよねっ!自然の流れっていうもんだよねっ!

と心の中で悪態をついていると

友蔵さん、カメラを飲むようにして。
食べ物を飲み込むようにカメラ飲んで。

と先生からアドバイス。

そんな先生のアドバイスを聞きながらも友蔵はアホなことを考えておりました。

今の医療現場には胃カメラは存在しないけど、やっぱ、こういう検査の時は「カメラ」って言うんだなぁ。
内視鏡は入れる、っていうのが正しいと思うけど、こういう時には「飲む」ってアドバイスをするんだなぁ。
胃カメラは飲むの?入れるの?どっちなの?
睡眠中に「激しい胃の痛みで何度も目が覚める」という症状から病院に行って診てもらったのですが、結局、胃カメラ検査をすることに・・・。ところで胃カメラって飲むの?入れるの?という疑問が湧きました。

内視鏡が胃に到達

頑張って飲んでください。

先生の声で我に返ります。

気合を入れて、飲み込む友蔵。

ゴクッとな・・・

すると、内視鏡はあっさりと胃の中へ入っていったのでした。

今回の検査で「オエッ」っとなったのは、この時の三連発のみ。
過去に口から入れた時のことを思い返すと、鼻から内視鏡を入れた方が100倍くらい楽だと感じたかなぁ。

口からの内視鏡はマウスピースみたいなものを噛まされて、ずっと口を開けっ放しにしてなきゃならないし、そんな状態だから検査中はダラダラとよだれが出続けちゃう。
よだれ受けみたいな皿のようなモノを口の下に設置して検査するけど、口の周りが気持ち悪いったらありゃしない。
おまけに喉の奥を通過する際に、ダイレクトに喉奥を刺激してくれるから「オエッ」の頻度も程度もハンパないし・・・

人によって感じ方は違うかも知れないけど、口から内視鏡を入れて大変な思いをしたことがある人は、鼻からの内視鏡を検討してみるのも良いかも。

ただし、鼻の粘膜が弱くて出血しやすい人鼻からモノを入れられるのは恐ろしくてダメですっていう人は、無理かもしれないなぁ。

上部消化管内視鏡検査を受けることになった際には、「口から」入れるか、「鼻から」入れるか・・
自分の体質を考慮して、お医者様と良く相談して決めてくださいね。

ありゃりゃ、いつものように話がそれてしまった!

検査実施編その2につづく・・・

胃がんの疑いを晴らすため、鼻からの上部消化管内視鏡検査を受けてきました:検査実施編その2&検査結果
胃カメラこと上部消化管内視鏡検査の「検査実施編その2」と検査の結果について。
日々雑感
【Amazonの商品検索できます】
この記事を書いた人
友蔵

友蔵です。家族から相手にされない1964年生まれのオッサンです。

友蔵をフォローする
友蔵をフォローする
遊軍倶楽部