大発会はご祝儀相場というのはどこへ行った?

株式投資のイメージ2 株式投資

皆さん、明けましておめでとうございます。

新年最初の株式相場、
いわゆる大発会が行われました。

大発会と言えば、新年早々のおめでたい雰囲気をそのままにご祝儀的にど~んと吹き上げて始まると思いきや・・・

2019年1月4日の日経平均

いや~
日経平均株価はあっさり2万円台を割ってしまいました。

友蔵が昔株をやっていた頃はクリスマス前に割安な株を仕込んでおけば、大納会でど~んと上げて、大発会でご祝儀的にど~んと上げるから、そのタイミングで売り抜ければそこそこ儲かったものですが、もはや大発会はご祝儀相場というのは死語に近いかもしれませんね。

バーンと上げたかと思えば、ドーンと下げる。

もう、相場というよりもどっかのファンドのおもちゃにされているような感じですね。

2587サントリーBFは連れ安になりました。

2019年1月4日サントリーBF

東証1部銘柄でサントリー食品インターナショナルともなると、日経平均株価との相関性は無視できないでしょうねぇ。

この地合でこの銘柄だけが一方的に値を上げるともなれば、よほどのグッドニュースが発表されない限りは無理だと思いながら株価を追いかけていました。

業績も悪くないようですし、先日配当金が付いたという相性の良さを信じてもう少しホールドして様子を見ることにしました。

今後の相場環境の改善を期待しつつの持ち越しです。

が、深追いはしないようにするつもりです。

切るときは切る、という姿勢が大切だと思っています。

4664アールエスシーはなぜか上昇

2019年1月4日アールエスシー

そんな中、良く分からないのが4664アールエスシーの値動き。

先日来の下げ局面でも他の多くの銘柄が下げる中、ここだけ妙に少しプラスで終わったり、前日同値付近で引けたりとなかなかの粘りを見せているので少しだけ「フフフ」と思ってホールドしていたのですが・・・

1月4日の値動きは前場は前日終値から40円くらいマイナスをちょろちょろしていたのに引けにかけてスルスルと値を上げています。

なんだか頼もしい値動きで保有しているのがワクワクしていますが、果たして本格的な新年相場が始まる今週にはどんな展開となるのでしょうか?

この2つの銘柄がどうなりますことやら。

アメリカの相場に振り回されることなく頑張って欲しいと思っています。

では、では。