2銘柄をホールドして新年を迎えます

株式投資のイメージ2 株式投資

本年最後の日経平均は前日比マイナス62.85円で終了しました。

最後の日くらいはご祝儀相場で前日比プラスで引けるのではないか?と思っていましたが、やはり相場は厳しく、個人の思いではどうのこうのとなるものでは無いということを痛切に感じる一日となりました。

12月28日の日経平均

私が相場に参加していた頃の初期には(約10年くらい前かなぁ?)、年末相場を迎えるに当たり『掉尾の一振』などという株式相場の格言が存在していましたが、最近ではなんだか死語になっているような体感があります。

掉尾の一振:株価が年末にかけて上昇するといったアノマリー。
「掉尾」は最後になって勢いが増すこと。転じて年末に株価が勢いをまして一振りのごとく「どりゃぁー」と上昇する期待感を込めた格言。

2587サントリーBFを仕込んでいました

去る12月25日の日経平均が一日で1,000円以上下げたあの日、前日に記録したブログどおりに

2587サントリーBFを買い向かいました。

「買い向かいました」って書くとなんかカッコイイけど、単元未満株の1株だから心のどこかで『損したっていいもんね!』みたいな半分開き直った感じでトライしてみました。

今が仕込み時だぁ

と自分に言い聞かせながら・・・

単元未満株なので前日の夜に発注した関係で後場の寄り付け値での約定です。

無事に約定通知が届き、「1株でもやっぱり買えるのね」などと感心しつつ証券会社の個別銘柄の詳細を確認していると・・・・(って、買う前に確認しろよ!という話ですけども。)

2587サントリーBFは12月25日に株を購入して(信用取引での買いは良く分かりません。現物での買いの場合です。)いれば配当がもらえる「権利付最終日」だということが判明しました。

早速、さらに調査を進め、いったいいくらの配当が付くのかを確認してみることに。

サントリーの公式サイトでは(予想)とはなっていますが、なんと!!

39円

う~ん、素晴らしい。

しかし、ここで大きな疑問が・・・

「単元未満株」でも配当金はもらえるのだろうか?

そこで、さらなる調査を。

結果は、「単元未満株」でも配当金はもらえるということが判明。

すげぇ、すげぇよ。

侮れません。単元未満株。

もし、本当に配当金がもらえたのなら友蔵の投資人生で初の出来事となります。

いつこの配当金が指定の口座に振り込まれるのかは不明ですが、今から楽しみに待ってみることにします。

2銘柄をホールドしたまま新年へ

もう一つ所持している4664アールエスシーですが、日経平均が連日下げる中、粘り強く下げ渋ってみたり、何故か前日比プラスで引けてみたり、日中の前場に大きく売り崩されたりしても後場にしれーっと戻してみたりとなかなかな値動きを見せてくれるために切るに切れず結局ホールドしたままになっています。

今までの投資人生で株を保有したまま年越しをしたことがないので(日本市場が休場の間に世界で何があるか分からない恐ろしさからノーポジションで年を越すことをマイルールにしていたため。)、先に述べた配当金の件と合わせて初体験二連発の状況で新年を迎えることとなりました。

12月28日保有銘柄

12月21日に久しぶりに相場に復帰してからの日経平均の怒涛の下げはさすがにまいりましたが(やっぱり俺が相場に臨むと普通じゃないことが起こるということは証明できたような気がしますが・・・)、幸いなことに選びに選んで購入した2銘柄は大きく値崩れすることなく少しホッとしています。

投資資金1万5千円、単元未満株にて再開した株式投資。

2019年はどんな展開になりますことやら。

資金の無くなるまで挑戦してみたいと思います。

では、では。

株式投資
【Amazonの商品検索できます】
この記事を書いた人
友蔵

友蔵です。家族から相手にされない1964年生まれのオッサンです。

友蔵をフォローする
友蔵をフォローする
遊軍倶楽部