セブン-イレブン限定商品【いちごがおいしい 白くま】を美味しくいただきました。

いちごがおいしい白くま 白くまシリーズ
いちごがおいしい

8月も半ばを過ぎ、時折過ごしやすい日もありますが、暑い日が続いています。

これだけエアコンを使用した夏は経験がありません。

さて、本日の【白くま】は・・・

先日、息子が市内のどこかのセブン-イレブンに立ち寄った際に、「いちごの白くま」を見かけたらしく、「おやじ、セブン-イレブンにいちごの白くまがあったぞ。」と教えくれました。

ならば!

ご近所のセブン-イレブンに突撃したのですが・・・

ない!

それではっ!

と、少し遠くのセブン-イレブンに行ってみましたが・・・

ないっ!

ほんじゃぁ!

と、さらに遠くのセブン-イレブンに・・・・

あった!

あった、あった、ありましたよ。

いちごがおいしい 白くま

ゲットした商品は、「いちごがおいしい 白くま」というネーミングの【白くま】。

以下、「いちご白くま」として書いていきます。

セブン-イレブン・プライベートブランド商品の【白くま】シリーズについては、

セブン-イレブン限定商品【練乳の味わい 白くま】を美味しくいただきました。 
ローソンから始まったプライベートブランド版の【白くま】を食すシリーズ。今回はセブン-イレブンの「練乳の味わい 白くま」に挑戦してみました。
セブン-イレブン限定商品【マンゴーがいっぱいの 黄ぐま】を美味しくいただきました。
プライベートブランド版の【白くま】を求めてコンビニ巡り。本日はセブン-イレブンの「マンゴーがいっぱいの 黄ぐま」を楽しみました。

この商品は、

販売者 株式会社 セリア・ロイル
製造者 ヤマキ製菓株式会社

によってリリースされています。

「白くま」の登録商標について

今までたくさん「白くま」について書いてきた中で、「白くま」とか「しろくま」とか「シロクマ」とかそれぞれで、きっと登録商標されてはいるんだろうなぁ・・・とは思っていました。

もしかしたら、ライバル的な会社同士でネーミングを巡って仁義なき戦いが繰り広げられていたりするんだろうか?

いやいや、そこは大人の対応だろう。

などと自問自答しながら、様々の白くまを楽しんできていたのですが、

なんと!今回(今更ながら)、このいちご白くまのカップ側面に

商標「白くま」は、林一二(株)の登録商標です。

と記載されているのを発見。

いやぁ、全然気が付かなかったなぁ。

林一二(株)さんは、センタンの名前でアイスクリームを製造している有名な会社ですね。

カップデザインのチェック

いちご白くまは、「練乳の味わい 白くま」(以下、白くまと記載)のデザインをそのままに、いちごをイメージして赤のカラーで押してきています。

「黄ぐま」がちょっとアレンジしてありますね。

販売価格など

販売価格は300円(税込)。

「白くま」と同じ価格設定です。

容量は245ml。

これは、「黄ぐま」と同じで「白くま」よりも5ml少ない量となっています。

一個当たりのカロリーは272キロカロリー。

黄ぐま(255キロカロリー)よりも多く、白くま(275キロカロリー)よりも少なめの設定ですね。

いちごがおいしい横から

縦に長く、でかいのはこのシリーズ共通の仕様となっています。

トッピングは

いちごがおいしいのトッピング

いちごソースの上に切り刻んだいちご。

このいちごは、ローソン・プライベートブランド系(丸永製菓さん系列)のいちごよりも大きく刻まれていて、食べ応えがありそうです。

そのいちごに寄り添うようにアイスクリームがまるーく乗せられています。

ん!ん、ん、ん!!

この展開は・・・黄ぐまと一緒じゃん。

写真のサイズ感が違うのは、ご勘弁!

「黄ぐま」を「マンゴーがいっぱいの 黄ぐま」として、敢えての「白くま」表記を外して勝負してきたんだったら、このいちご白くまも「いちごがいっぱいの 赤ぐま」とネーミングしてもよかったんじゃね?

とか思ってしまう少しひねくれものの友蔵だったのでした。

それではいただきます

セブン-イレブン・プライベートブランド版【白くま】の特徴である『本物のかき氷のような食感』の技術は、やはり、このいちご白くまでも活かされています。

前述したように、切り刻んだいちごの一個一個が大きいので、食べた時のフルーツ感と同時に満足感が大きいですね。

そして、このいちごが程よく酸っぱく、アイスクリームやその下に仕込まれた練乳の甘さと良くマッチングして口の中で「美味しいっ!」とコラボします。

いちごソースは、見た目は甘そうですが、実際にはいちご果肉同様に酸っぱく、甘さだけでグイグイ押してくる単調なスイーツとは違い、食べ飽きさせない工夫がされているように思います。

前回食した「黄ぐま」ほどの美味しさのインパクトはないものの、大変良くできたアイスクリームだよなぁ。やっぱ、セブン-イレブンは侮れません。

300円を払っても良い!と思うだけのクオリティには仕上がっていますよ。

でも、なんで近所のセブン-イレブンには置いてないんだろう?

ちょっと不思議な感じです・・・

では、では。

白くまシリーズ
【Amazonの商品検索できます】
この記事を書いた人
友蔵

友蔵です。家族から相手にされない1964年生まれのオッサンです。

友蔵をフォローする
友蔵をフォローする
遊軍倶楽部