【しろくま】ローソン限定商品?「フルーツ盛りだくさん」を美味しくいただきました。

しろくまフルーツ盛りだくさん 白くまシリーズ
フルーツ盛りだくさん

今日も厳しい暑さでしたね。もう酷暑と言っても良いです!(断言!)

友蔵が小学生の頃は日中の最高気温が30℃を超えるだけでも大騒ぎだったのに、今や30℃なんて単なる通過点ですからねぇ。
暑い日は体内にたまった熱を逃がすためにもアイスクリームを食べましょう!

【超簡単!熱中症対策】アイスクリームを食べて暑い夏を乗り切ろう!
いよいよ夏本番となり、熱中症に気を付けなければならない時期となってきました。様々な熱中症対策がありますが、今回はアイスクリームを食べて暑い夏を乗り切ろう!というトピックです。

ということで本日も【しろくま】をいただくことに。

冷蔵庫の冷凍庫をガサガサっと・・・

しろくま フルーツ盛りだくさん

本日のお供は「しろくま フルーツ盛りだくさん」。

先日、お弁当を買いにローソンに行った際にアイスクリームコーナーを見ていたら
ん、ん、んんん?
何やら見慣れぬ「しろくま」が・・・
すかさずゲットしました。

その後、友蔵御用達のメガディスカウントスーパーやご近所のスーパーをチェックしていますが、あるのはお馴染みの「しろくま」、「白くま デザート」バージョンのみ。

この「しろくま フルーツ盛りだくさん」は、ローソンだけで購入できる限定商品のようですね。

製造者は福岡県に本社のある丸永製菓株式会社さん。

丸永製菓株式会社
アイスクリーム・氷菓類の製造。おいしさと楽しさを創る丸永製菓の公式サイトです。

カップには関東那須工場との記載があります。

公式サイトの商品一覧「白くまシリーズ」の中にはこの『フルーツ盛りだくさん』の紹介はないので、やはりプライベートブランド扱いなのでしょう。

くま吉チェック

【しろくま】とひらがな表記なのでカテゴリー的には「しろくま」の流れをくむ大容量サイズバージョンですね。

くま吉は商品名の「フルーツ 盛りだくさん」のプレートを掲げて、自己主張全開モードと言ったところでしょうか。
丸永製菓正規品(以下、正規品とします。)のカップには普通、九州名物の文字が入りますが、ローソン・プライベートブランド品(以下、ローソン版とします。)には何もありません。

また、正規品にはmarunagaの会社トレードマークや丸永製菓の社名が書かれていますが、ローソン版はスルーされています。
その代わりと言っては何ですが、リンゴ果肉入りとの文字が躍っています。

リンゴ果肉入り
どんな感じなんでしょうね。ワクワクします。

販売価格など

ローソンでの販売価格は277円(税抜)。

正規品ならご近所スーパーで198円(税抜、希望小売価格の3割引き)で購入できることを考えるとコストパフォーマンスは悪いですね。その分、ローソンでしか手に入らないプレミアム感が欲しいところですが、実際はどうでしょうか・・・

容量は222ml。やはりでかいです。

フルーツ盛りだくさんを横からしかし、正規品「しろくま」は245mlなので、ここも少し友蔵的にはマイナスポイントかな。

一個当たりのカロリーは254キロカロリー。
正規品は288キロカロリーなので、まぁ、量が少ない分カロリーも少ないのは当然といったところですね。これでローソン版の方がカロリーが多かったら怒ります!

ちなみにカップ横には会社トレードマークが表示されていますね。
立ち姿のくま吉も新鮮です。

トッピングは

フルーツ盛りだくさんのトッピング盛りだくさんの名に恥じないたくさんのフルーツがトッピングされています。

・パイナップル
・みかん
・苺
・小豆
・黄桃
・キウイ
なんと6種類!

正規品「しろくま」と比較してみましょう。

一目瞭然、盛りだくさんの方がゴージャスです。
値引き無し、お値段高めの設定も納得かな・・・

それではいただきます

トッピングのフルーツが文字どおりたくさんで、練乳氷にたどり着けません。
カチコチに凍ったパイナップルやみかんをシャリシャリとシャーベット感覚でいただきつつ、フルーツの無くなった隙間の部分から素早くスプーンを差し込み、練乳氷を口に放り込みます。

う~ん、美味しい!火照った体に冷たさが心地良い。

練乳氷にスプーンをザクっと突き刺し、かき分けるようにすると練乳ソースがトローリを出てくるところは正規品同様の仕様となっていますね。

しかし、特筆すべきは、
堂々とカップ及びカップ横に書かれている
リンゴ果肉入りの件。

これはトッピングのリンゴのことでは無く、練乳氷の中に切り刻んだリンゴの果肉がつなぎのように入っている状態のこと。
この切り刻みリンゴの食感が練乳氷と絡み合って何とも言えない美味しさを演出していますね。
さらに、トロリ湧き出る練乳ソースに絡みつくという三位一体絡みつきがクセになる感覚。

あぁ美味しかった!

本日も美味しく「しろくま」をいただき大満足の友蔵だったのでした。

このローソン版「しろくま」、確信はありませんが、
期間限定、生産数限定、無くなり次第終了の気配がプンプンしますので店頭から消えてしまうまでに楽しむことをお勧めします。

では、では。

白くまシリーズ
【Amazonの商品検索できます】
この記事を書いた人
友蔵

友蔵です。家族から相手にされない1964年生まれのオッサンです。

友蔵をフォローする
友蔵をフォローする
遊軍倶楽部