【梅雨入りの日】って後出しじゃんけん的に後日「しれ~っ」と訂正されていること知ってました?

梅雨入り 傘と長靴 日々雑感

こんにちは!友蔵です。

日本のいろいろなエリアが梅雨入りしたと発表される季節になってきましたね。

私は一年の中で「梅雨」が一番嫌いです。

毎日どんよりとした雲が垂れこめて、来る日も来る日も雨がしとしと降って・・・

私が住んでいる所が山陰地方ということもあって、ただでさえその他の日本各地と比較して良く雨が降るのに梅雨ともなれば本当に良く降ります。

あぁぁ、今日もお天道様を拝めない。

中には晴れの日よりも雨の日が好きな人もいるでしょうが、やっぱりオジサン的には晴れがいいなぁ。

だって、洗濯物が良く乾くでしょ。

梅雨入りの発表があった日以降、ちょっとテンション下がり気味の友蔵だったりします。

でも、よ~く聞いていると天気予報、ニュースなどでは

「今日、関東地方が梅雨入りしました。」

と断言せずに

「今日、関東地方が梅雨入りした模様です。」

とぼやかした言い方をしていますね。

そもそもなんで梅雨って言うの

友蔵は梅の収穫時期にこの雨降りシーズンが始まるから「梅雨」と言うんだろうな、くらいは思っていましたが「実際にはどうなのかなぁ」と思ってWikipedia(ウィキペディア)を見てみました。

・梅の実が熟す頃から転じて「梅雨」

・カビが生えやすい時期を「ばいう」と呼んでいたことから転じて「梅雨(ばいう)」の文字を当てた

との説が有力のようです。

梅雨入り 草に付いた雨だれ

五月雨式(さみだれしき)の五月雨も梅雨に関連する言葉です

同じくWikipediaには梅雨の別名として五月雨(さみだれ)が紹介されていました。

旧暦の5月頃にダラダラと雨が降りやすい天候が始まることから転じて五月雨と呼ぶようになったようですね。

このダラダラと雨が続く様から「ものごとが長くだらだらと続くこと」を五月雨式と言うようになったとのこと。(これは知らなかったなぁ。やっぱりWikipediaはすごいや。)

梅雨とは

梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。

(引用:気象庁|梅雨入りと梅雨明け(確定値)

気象庁ではこのように定めているようです。

梅雨入りの日は後日訂正されることがある

先日の6月5日(火)にテレビのニュースで私の住むエリアが「梅雨入りしたようです。」とお知らせしてくれました。

・平年よりも2日早く

・昨年よりも15日早い

梅雨入りです。

とアナウンサーが言った瞬間、

友蔵は『ん!んんん?』となった訳です。

確か俺の記憶では去年の梅雨入りは6月上旬だったはず。15日も早いってことは昨年の梅雨入りって6月20日だったの?

何かがおかしい

去年の手帳を引っ張り出してきてペラペラっと6月のページをめくること30秒・・・6月7日の欄に友蔵の汚い文字で『梅雨入り』と書いてあります。

「ほら、やっぱ上旬じゃん」

くどいようだけど、友蔵は一年の中で梅雨が一番嫌いな季節なので過激に反応しているはず。

ニュースで知った、ほら書いた!

のパターンで(どんなパターンだよ。)手帳に書きなぐっているのは間違いありません。

そこで気象庁のサイトを確認してみると

気象庁では、気象予測をもとに行う梅雨の入り明けの速報とは別に、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行っています。この資料に掲載した期日は、検討の結果、統計値として確定したものです。

(引用:気象庁|梅雨入りと梅雨明け(確定値)

と記載されています。

梅雨入り 傘をさして

つまり、ニュースや天気予報で「梅雨入りした模様です。」と言っている理由は、気象予測をもとに導き出した予測だから。

国民の皆さんに「梅雨が来ましたよ!」といち早くお知らせしたい気象庁の優しさがフライング発表となっているようです。(← 意味不明)

なので、後日、気象庁さんは天気図等をよ~く、よ~く確認、検討して【本当の】梅雨入りを確定させている訳ですね。

本日は、梅雨入りには『速報値』と『確定値』があるというトピックでした。

今年の『予想値』はそのまま『確定値』となるのか?

それとも秋頃にしれっ~と訂正されるのか?

興味を持って見守りたいと思います。

では、では。

日々雑感
【Amazonの商品検索できます】
この記事を書いた人
友蔵

友蔵です。家族から相手にされない1964年生まれのオッサンです。

友蔵をフォローする
友蔵をフォローする
遊軍倶楽部