旧暦の端午の節句が近づき、今年も【ちまき】をいただく。

日々雑感

私の住む地方は、いまだに【桃の節句】=「ひな祭り」や【端午の節句】=「こどもの日」を旧暦に合わせてお祝いをします。

「やっぱりお祝いごとは旧暦じゃなきゃ!」という雰囲気が周りにあふれています。

それだけ田舎なんですけど季節感を大切にしているということでしょうか。

その一方、お正月はきっちり新暦の1月1日からお祝いしますけど・・・(良いとこどりです。)

旧暦の5月5日を新暦に当てはめると毎年バラバラになるため、そこは大雑把に『一か月おくれ』の6月5日に端午の節句をおこないます。

端午の節句とは、江戸時代に幕府が定めた祝日の五つの中の一つで男の子の健康を願う日とされています。

そもそも端午の節句とは・・・

端午(たんご)・菖蒲(しょうぶ)の節句:5月5日

五月は昔から縁起が悪い月とされていたそうです。友蔵的には新緑の季節に加えてゴールデンウイークもあったりして、『よっしゃー!』的な月なのですが、とにかく(何がとにかく?)昔は厄を払う月に認定されていました。

そこで、

☆ 匂いにクセのある菖蒲(しょうぶ)やヨモギを家の軒先につるす

☆ 菖蒲湯に浸かる

などのイベントを通してお祓いをする習慣が広まったと言われています。

そして、菖蒲の読みが武士をリスペクトする意味の『尚武』=しょうぶと同じだったことから男の子の節句とされ、男児の健康と出世を願う祝日となっていきました。

日本昔ばなし的には・・・

友蔵の知っている昔ばなしでは(前半部分は大きく割愛しますが)、ある男性が山の中で恐ろしい山姥(やまんば)に出会ってしまい、追いかけまわされます。

もう少しで捕まりそうになったその瞬間、男は、目の前に広がる菖蒲の茂みに一か八か「えいやっ!」とばかりに飛び込みます。

やまんばは、菖蒲の匂いに怖気づいて男に近づくことができません。

結果、男性は無事にやまんばの魔の手から逃れ、幸せに暮らしましたとさ!めでたしめでたし。

パチパチパチ的な展開の流れから「端午の節句には、菖蒲湯に浸かり、悪い女から身を守る風習が広まった」というものがあります。

さて、今年も旧暦の端午の節句が近づき、嫁の実家から「ちまき」が届きました。

端午の節句とちまき

なぜ、ちまきを端午の節句に食べることになったのでしょうか?

それは、奈良時代に中国から端午の節句が伝来した際にお供え物としてちまきも一緒にやって来たからだと言われています。

笹巻(ささまき)とも言いますが、何となく友蔵はちまきの方が親近感があります。

ちまきの状態にもよりますが、お鍋たっぷりの熱湯で5~7分ほど湯がいていただきます。

砂糖醤油でいただくのも良し!

きな粉でいただくのも良し!

あなたならどっちでいただきますか?

友蔵はきな粉が好き!しかも、砂糖多めの甘いヤツ。

だから痩せられないんだよね。

ちまきの保存方法は?

もともとちまきは、米を植物の葉に包んだのち、この包んだものを灰汁(あく)で煮て作っていました。

灰汁(あく)
藁(わら)や木を燃やして出た灰を水に入れてできる上澄みの部分

昔の人は、灰汁の持つ殺菌力や防腐作用を利用していたと言われています。

このことから、ちまきは保存食の一つとして作られていたようですね。

また、武士が戦に赴く際に、ちまきを持って出かけたという逸話からも保存食のイメージがあったりもします。

今の時代、我々が目にする多くのちまきは笹の葉で作ってあります。

やっぱり現代のちまきも保存食?

という疑問がわいてきました。

そこで笹の葉の抗菌効果について少し調べてみたのですが・・・

あることはあるけどそんなにすごい効果はない。

というような情報しか見つけることはできませんでした。

抗菌効果が期待できない以上、常温でちまきを放置していると様々な菌が繁殖することになります。

友蔵のように「ちまきは保存食なんじゃないの?」などという思い込みはやめて、食べきれずに(湯がききれずに)残ったちまきは適切に保存しましょう。

古くなったちまきを食べてお腹が痛くなったら大変。

せっかくの「端午の節句」が台無しになってしまいます。

ですから我が家では冷蔵庫の冷凍庫に入れて保管しています。

冷凍しておけば3~4カ月くらいは大丈夫!

食べたくなったら湯がくだけです。

笹の風味もそのままに美味しくいただけます。

たまには季節外れのちまきを食べるのも良いものですよ。(ホントかよっ!)

では、では。

日々雑感
【Amazonの商品検索できます】
この記事を書いた人
友蔵

友蔵です。家族から相手にされない1964年生まれのオッサンです。

友蔵をフォローする
友蔵をフォローする
遊軍倶楽部